犬のフィラリアの時期はいつまで必要?始まりより終わりが大事!

犬 未分類
スポンサーリンク

フィラリア症は決まった期間予防薬を投与することで感染を予防することができますが、フィラリア症のちゃんとした予防期間が分かりにくいという飼い主さんも少なくありません。

 

実は、フィラリア症の予防は始まりよりも終わりが大事なんです。

 

これはいったいどういうことなのか?今回はフィラリア症の時期はいつまで必要なのかについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

犬のフィラリア症予防の時期はいつからいつまで?目安は1ヶ月後!

芝にいるコーギー

犬のフィラリア症とは、蚊から寄生する寄生虫が心臓に寄生することで咳・腹囲膨満(腹水が溜まる)・突然虚脱(いきなり倒れる)などさまざまな症状が現れる病気です。

 

フィラリア症が重症になればなるほど症状は重く、突然死を引き起こすことも少なくありません。

 

しかし、フィラリア症はフィラリア予防薬をしっかり決められた期間飲ませ続けることで100%予防することができる病気でもあります。

 

では、いったいフィラリアの時期はいったいいつからいつまでなのかというと、答えは蚊を見かけて1ヶ月後から蚊を見なくなってから1ヶ月後までです。

 

ちなみによくある間違いが、「蚊がいなくなったらフィラリアの薬も終わって大丈夫!」といったものですが、こうした予防の仕方をしてしまうとフィラリアに感染する確率がぐっと上がってしまいます。

 

フィラリアを100%予防し感染を防ぐためにも、必ずフィラリアの薬は蚊を見なくなってから1ヶ月後まで続けるようにしなければなりません。

 

犬のフィラリア予防が始まりより終わりが大事な理由

プードルのお座り

犬のフィラリア予防の時期は蚊を見かけた1ヶ月後から蚊を見なくなった1ヶ月後までとお話ししましたが、なぜ始まりよりも終わりの方が大事なのかすごく謎ですよね。

 

その理由はすごく単純なもので、フィラリアの薬は予防薬と表現していますが実際はフィラリア駆虫薬なんです。

 

「駆虫?え?駆虫ってすでにいるものを排除することだよね?」と思った方。

 

正解です。

 

そう、フィラリア予防薬はすでに犬の体内に寄生したフィラリアを駆虫するためお薬なんです!

 

そして、フィラリアの薬が効果を発揮するのは1ヶ月前の感染した(であろう)フィラリアに対してのみ。

 

少しわかりやすくするために図をご用意しました。

 

こちらの図は動物病院で使う薬を取り扱っているバイエルのHP(LIfe With Pet~ペットと人の健やかな毎日のために~)から引っ張ってきたものです。

 

フィラリアのライフサイクル

 

図を見てわかるように、薬が効果を発揮するのはフィラリアがL3(感染幼虫)・L4(体内移行幼虫)の時期に対してのみです。

 

特にL4(体内移行幼虫)に対しては100%駆虫することができ、血管の中に入り込むL5(未成熟虫)になるまで約2~3ヶ月かかるということはその間の1ヶ月が勝負ということ。

 

すなわち、この勝負時期である感染1ヶ月後のフィラリアを駆虫するためにフィラリアの薬を飲むことで、フィラリアが心臓に寄生するのを防ぐ=予防するという仕組みになっています。

 

だから厳密にはフィラリア駆虫薬でありつつも予防薬と言われ、蚊を見かけた1ヶ月後までしっかり飲ませる=始まりより終わりが大事なのです。

フィラリアの薬を飲ませ忘れたり吐き出してしまったときはどうしたらいいの?

フィラリアの薬は感染1ヶ月後のフィラリアを駆虫することが目的なので、必ず蚊を見かけた1ヶ月後まで飲ませ続けなければなりません。

 

しかし、ついつい1ヶ月分飲ませ忘れてしまっていたり、しっかり飲ませていたつもりでも隠れて吐き出していた…なんてこともあります。

 

こんなときはどうすればいいのか?予防は大丈夫なのか?といろいろ不安や心配にかられると思いますが、ひとまずそのまま継続して最後までフィラリアのお薬を飲ませるようにしてください。

 

フィラリアに感染しているかどうかは先ほどの図を見てわかるように、感染した可能性のある月から6~7ヶ月たたないと検査をしてもわかりません。

 

しかし、薬を飲ませ忘れたり吐いたことに気付かなかったからといって最後まで飲ませることをやめてしまうと、確実に感染の確率は上がりますし仮に感染していた場合重篤な結果を招いてしまいます。

 

そうならないためにも、まずは必ず最後の1つまで飲ませ切るようにして確実に投与をするようにしましょう。

 

犬のフィラリアの時期はいつまで必要?始まりより終わりが大事!まとめ

2匹のプードル

まとめ

  • フィラリアの時期は蚊を見かけた1ヶ月後~蚊を見かけなくなった1ヶ月後
  • フィラリアの薬は感染1ヶ月後のL4(移行幼虫)を駆虫するためのものなので終わりが特に大事
  • フィラリアの薬を飲ませ忘れたり吐き出した場合も最後まで必ず投薬する

「犬のフィラリアの時期はいったいつまでだろう?」「蚊がいなくなったら飲ませなくてもいいんじゃないかな?」

 

そう思って油断してしまう飼い主さんは少なくありません。

 

しかし、フィラリアの薬は感染1ヶ月後…つまり先月感染したフィラリアに対して駆虫効果を発揮するものなので、必ず最後まで投薬するようにしてくださいね。

 

また、万が一飲ませ忘れたり吐き出してしまった場合でも続けることが無意味になることはありませんので、まずは最後まで飲ませきってから次の予防時期にフィラリア検査をするようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました