犬が肥満になってしまう原因と対処法

未分類
スポンサーリンク

犬の肥満に悩まされている飼い主さんは多く、動物病院で相談を受けたり病院側から指摘・指導をすることも少なくありません。

 

しかし、なぜ犬は肥満になってしまうのか?それが分からないと犬の肥満を予防することも改善することも不可能です。

 

そこで、今回愛犬が肥満が原因で健康被害を受けないために肥満の原因と対処法についてお教えします。

 

スポンサーリンク

犬の肥満の原因は摂取カロリーと消費カロリーのバランスの乱れ

犬が肥満になる原因は一日の摂取カロリーと消費カロリーのバランスの乱れによるものが大きく、摂取カロリーが消費カロリーに対して多いと犬は肥満になってしまいます。

 

肥満は万病のもとといわれているように、ただ単に余分な脂肪が付いて太っているというだけではなく、それが原因でさまざまな病気を引き起こしてしまうことも少なくありません。

 

ただ、犬の肥満の一番の原因である摂取カロリーと消費カロリーのバランスの乱れは犬自身が作り出しているのではなく、飼い主さんがその現状を作り出しているということを認識する必要があります。

 

犬の肥満の原因をつくっているのは飼い主さん自身

犬を肥満にさせているのは飼い主さんあなたです!なんて言うと「別に肥満にさせてやろうなんて思ってない!」と反論が来てしまいそうですね(;´∀`)

 

確かにあえて肥満にさせようと思っている飼い主さんはいないと少ないと思いますし、むしろいつまでも元気に長生きしてほしいと思っている人がほとんどでしょう。

 

ですが、「丸い方が可愛いから」という理由であえて肥満にさせている飼い主さんもいますし、肥満にしようと思っているわけではないけど「ついつい…」「ちょっとだけ…」「知らないうちに…」といったケースが非常に多いのが現実です。

 

ここで犬を肥満にさせている共通の原因は飼い主さんが必要以上に犬に食べ物を与えているということ。

 

なかには「保管していたはずのお菓子を見つけて開けて食べてしまっていた」なんてこともあるかも知れませんが、それも保管場所や保管方法さえきちんとしていれば防げることです。

 

犬が肥満になるには飼い主さんの食べ物を与えるという行動がなければなりたちませんし、逆にいえば余分な食べ物さえ与えなければ肥満にはならないのです。

犬が食べ物を欲しがるのはごはんが足りていないせい?

犬を肥満にさせているのは飼い主だとお話ししましたが、「この子はよく食べるから…」「この子が欲しい欲しいって言うから…」と犬のせいにしてはいけません。

 

犬はもともと野生の本能として食べれるだけ食べるという性質があるので、目の前に食べ物があれば欲しがるのは当然です。

 

また、欲しがるからごはんが足りていないのではないかと心配されるケースもあるのですが、足りていないようであれば犬はやせ細っているはずです。

 

しかし、そうではなく適度な肉付きとくびれがあるならごはんが足りていないなんてことはないので心配はいりません。

 

ですから、よく食べるし欲しがるから与えるというのは自分自身への言い訳であり、その行為を正当化しているのと同じということ。

 

欲しがることに対して心配になる気持ちも、可愛くてついあげちゃう気持ちも十分わかるのですが、その結果犬が太って病気になってしまっては元も子もありません。

 

だからこそ、ごはんが足りていないわけではないのであれば必要以上に食べ物を与えることはせず、健康な体を維持するための行動をとるべきです。

 

犬が肥満にならないための対策と対処法

犬が肥満にならないためには飼い主さんが必要以上に食べ物を与えないことが大事ですが、具体的にどのような対策や対処法をとればいいのかご紹介します。

フードをきちんと計って体重に応じた適正量与える

まず基本となるのが毎日のフードの量ですが、きちんと体重に応じた量を計らないで与えてしまう飼い主さんが多いです。

 

また、ちゃんと計っているつもりでいても愛犬の適正体重とフード量が正しくないこともあり、量が多かったり少なかったりということもあります。

 

犬に与えるフードの適正量があっていないとそれだけで肥満になる原因となりますし、逆に量が少なければ摂取量が足りずやせてしまったり余計に他の食べ物を欲しがるといったことにも。

 

自分の愛犬の適正体重は何キロで一日何グラムのフードが必要なのかしっかり把握し、それに合わせて正しい量を与えるようにしましょう。

 

犬におやつを与えすぎない・与えない

本来総合栄養食を与えていれば犬におやつを与える必要性は全くありませんが、ちょっとしたご褒美や喜ぶ姿が見たいから与えたいという気持ちも十分わかります。

 

人間だって1日3食の食事とは別におやつの時間やちょっと気分転換につまみたいといったことありますから、犬にも同じようにしてあげたいのは当然です。

 

しかし、毎日の食事が必ずあるので与えるのであればフードの量をおやつを与える分少なくする必要があります。

ただし、フードを少なくする量は全体の最大10%まで。

 

10%以上フードの量を減らしておやつをそれ以上与えるというのは栄養バランスを大きく乱すことになり、健康被害につながることは間違いありません。

 

人間もバランスの取れた食事はせずに毎日ポテトチップスやチョコレートだけで生きていくことは無理ですよね。それとまったく同じことです。

 

体重と健康を管理するという意味ではおやつは与えないのが一番ですが、おやつを与える場合はそうしたことに十分注意して与えるようにしましょう。

 

適度な運動をする

適度な運動をすることで筋肉を鍛え新陳代謝を促し肥満を予防することができます。

 

また、もし現在少し体重が気になる場合でもやはり適度な運動はダイエットにも非常に効果的です。

 

そして犬を運動させる方法としておすすめなのが毎日のお散歩。

 

小型犬であれば1回15分、中型犬であれば1回20~30分、大型犬であれば1回30~1時間、と平均的には言われていますが一概に犬の大きさだけで判断はできません。(小型犬でもジャックラッセルテリアは大型犬並みの運動量が必要です)

 

とはいえ、一つの目安として覚えておいても損はないので「どれくらいお散歩をしてあげたらいいのかわからない…」といったときの目安にしてみてください。

低カロリーフードを与える

低カロリーフードは『肥満が気になる犬用』『ライト』といったような文字がパッケージに書いてあるのですぐに見つけることができます。

 

この低カロリーフードは肥満対策にはもってこいで、特に「ついつい与えすぎてしまう」「もうちょっとたくさん与えたい」といった飼い主さんにはおすすめです。

 

というのも、低カロリーフードはその名の通り一般的なフードに比べてカロリーを低くしてあるので、見た目の量は普通のフードよりも多く与えることができる傾向にあります。

 

例えば、普通のフードは1粒5キロカロリーで10キロの犬に必要な1日の摂取カロリーが660キロカロリーだとします。

この場合1日3食だとして1回に与える量は約40粒(220キロカロリー)ということになりますね。

 

一方、これが低カロリーフードで1粒3キロカロリーだとすると、同じ10キロの犬の場合1回72~73粒(216~219キロカロリー)と見た目量を多く与えることができます。

 

1日の総摂取カロリーは変わりませんが「たくさんあげたい」という飼い主さん気持ちに寄り添うことはできるので、低カロリーフードを使って工夫するのは非常におすすめです。

 

犬が肥満になってしまう原因と対処法まとめ

犬が肥満になってしまう原因は犬にあるのではなく適正量以上の食べ物を与えてしまう飼い主さんに責任があります。

 

そして、「丸い方が可愛い」「ちょっと太っているくらいがちょうどいい」といった飼い主さんもいますし、肥満にさせるつもりはなくても「ついつい…」といった行動によって結果的に肥満にさせてしまうといったケースは非常に多いです。

 

なぜうちの犬は太ってしまったんだろう?と思うことがあれば、そのなんでは飼い主さん自身(もしくは家族)に原因があるんだということをまずは考え、今回ご紹介した対処法をひとつずつ試してみてください。

 

そうすれば、少しずつですが確実に肥満の予防と改善につながることは間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました