動物病院で働く動物看護師の仕事内容は?

スポンサーリンク

動物病院で動物看護師兼トリマーとして10年働いた私ですが、動物病院で動物看護師として働くには正直いろいろな覚悟が必要になります。

 

決して楽とは言えない仕事であると同時に大きなやりがいと喜びを与えてくれる素敵な職業であると断言でくるくらいです。

 

そこで、今回は動物病院で働く動物看護師の仕事内容はどういったものなのかをお教えしたいと思います。

スポンサーリンク

動物病院で働く物看護師の仕事内容

動物病院は命を救うことをメインにした仕事場ですが、動物病院によってはトリミングやパピークラスなど救命以外のことも取り入れています。

 

そして、そんな中で動物看護師はどんな仕事内容なのかをまとめると次のようになります。

  • 動物看護
  • 獣医師の診療サポート
  • 手術助手
  • ホテルやお預かりの子のお世話
  • トリミングのお手伝い
  • 院内清掃
  • 受付け
  • 電話応対
  • 備品や商品の注文・在庫管理

トリミングについてはトリミング業務を取り入れている動物病院に限りますが、現代ではほとんどの動物病院がトリミング業務を取り入れています。

 

もちろん、通常はトリマーを雇ってトリミングをしていますが、年末年始や連休など繁忙期になるとトリミングの方も手伝わなければいけないことが多いです。

 

あとはどこの動物病院でも同じで、院内の業務はすべて動物看護師が行うことになります。

 

そのため、「あれの在庫どこ?」「これってどうするの?」といったように、雇っている側の獣医師さえも動物看護師がいないと院内のことは何もわからないなんてこともザラです。

動物病院は命を扱う場所だからこそ動物看護師のプライベート時間は少ない

動物病院での動物看護師として働く業務内容は動物の救命はもちろん雑用まですべての業務をこなすことになります。

 

そして、動物病院には薬や処置で元気になれる動物だけではなく命の危険や大手術をしなくてはいけない状態の動物だって訪れるのは言うまでもありません。

 

もちろん常に入院動物で溢れているということはありませんが、それでもさまざまな理由で診察に訪れる動物はたくさんいて診療時間を過ぎてお昼時間が削れるなんてことはしょっちゅうです。

 

また、お昼休憩を取っている時間でも電話はなりますしフードや薬を買いに来る飼い主さんはいますから、お昼休憩を丸々休めることもなかなかレアでしょう。

 

そして、勤務時間はもちろんシフトなどで決まってはいますが、急速に変化する環境下での仕事なので定時に帰れることもほとんどありません。

 

早朝に出勤して帰る時間は気付けば深夜…といったこともときにはあります。

 

そうなると、自分のプライベート時間は完全に仕事がお休みの日だけになるか、休みの日さえも削って出勤ということもあるときはあるので必然的にプライベート時間は少なくなっていくのです。

動物病院で動物看護師として働くことのやりがいは大きい

動物病院で動物看護師として働くということは、肉体的にも精神的にも大きな覚悟がなければ務まりません。

 

仕事時間は仕事時間、休憩や休日はしっかりとって過ごしたい!といった方だと正直気持ち的にも体力的にも身が持たないでしょう。

 

ですが、動物病院で動物看護師として働いていると仕事とプライベートが別物ではなくすべてが自分の中で一体になっているような感覚になるんです。

 

自分の時間があることはもちろん嬉しいですしたまにの息抜きは必要ですが、休憩時間や休みの日でさえ仕事のことを考えてしまいます。

 

なぜなら、入院中の子の様態は大丈夫か?飼い主さんの相談で少しでも安心してもらえるためにはどうしたらいいか?など自然と考えてしまうからなんです。

 

「休みの日は休みなさい」という声はよくもらうのですが、それでも自分が動くことで少しでもスムーズに全体が動き、飼い主さんと動物たちが救われ喜んでもらえるのであればそれほど嬉しいものはないんです。

 

飼い主さんの「ありがとう」の言葉、そして動物たちの喜ぶ姿やひどかった様態が回復して元気になる姿を見ていると、自分の時間なんていらないと本当に心から思えます。

 

それくらい動物病院で動物看護師として働くことのやりがいは大きく、時間が許す限り身を捧げたいと本気で思える仕事です。

動物病院で働く動物看護師の仕事内容は?まとめ

動物病院で働く動物看護師の仕事内容は動物看護と獣医師の診察サポートをメインに、商品の注文や電話応対、受付けやトリミングの手伝いなど獣医師が行う仕事以外はすべてこなすかたちになります。

 

命と向き合った仕事だからこそ自分の時間は二の次になり仕事とプライベートが同一化してしまいますが、それでも飼い主さんと動物たちが喜ぶ姿、安心できる姿のためならむりろやりがいの方が大きく苦などありません。

 

もし、動物病院で動物看護師として働くことに迷いがあったり、本当に覚悟が足りてるか?といった気持があれば、この記事を参考にもう一度考えてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました