動物病院の診察・治療・入院費にかかる料金表はこれ!

マスクをしたパグ 未分類
スポンサーリンク

動物病院に大切なペットを連れて行く理由はさまざまですが、多くの場合は診察・治療・ワクチンがメインになっていると思います。

 

なかでも治療費はその治療内容によって料金も変わってきますし、さらに入院が必要になることも少なくありません。

 

そこで、今回は動物病院の診察・治療・入院費を料金表にしてご紹介していきます!

スポンサーリンク

動物病院の診察・治療・入院費の料金表

聴診器をあてられる犬

では、早速気になる診察・治療・ワクチン・入院費を料金表でご紹介しますが、以前の記事でもお伝えしたようにあくまでも平均的な料金であることをご承知ください。

 

診察料

  • 初診料 1,000~2,000円
  • 再診料 500~1,000円未満
  • 往診料 1,000~3,000円未満
  • 時間外診療(深夜) 3,000~5,000円未満

治療費

  • 皮下注射 1,000~2,000円未満
  • 静脈注射 1,000~2,000円未満
  • 筋肉注射 1,000~2,000円未満
  • 静脈点滴 2,000~5,000円未満
  • 皮下点滴 2,000~3,000円未満
  • 包帯ガーゼ交換 500~2,000円未満
  • 肛門腺処置 500~1,000円未満
  • 創傷処置 1,000~2,000円未満
  • 外耳処置 500~2,000円未満
  • 歯石除去 3,000~12,500円未満

入院費

  • 小型犬 2,000~3,000円未満
  • 中型犬 3,000~5,000円未満
  • 大型犬 3,000~7,500円未満
  • 猫 2,000~3,000円未満

動物病院の診察・治療・入院費を抑えるにはペット保険がおすすめ

動物病院の診察などの料金は自由診療なので決まった料金設定というものはなく、上記のように平均料金内の動物病院もあればそれよりも安かったり高かったりする動物病院もあります。

 

ただ、平均相場さえ分かっていればいざというときの備えのためにペット治療費積み立てといった形で貯金をしておくこともできますよね。

 

しかし、積み立てをする前にペットが病気やケガをしてしまったらすぐに対応をするのが難しいなんてことも少なくないと思います。

 

そこでお勧めするのがペット保険です。

 

昔はペットの保険というのはあまり知られていないことや、あったとしても「ペットに保険?!」といった感じでそこまではしなくてもいいといった人が多いでした。

 

しかし、ペットも人間と同じ家族といった思いが一般化した現代ではペット保険に加入する人も非常に多く、逆に加入をしていなかったことで後悔をする飼い主さんも少なくありません。

 

いろいろなペット保険の会社があるので、月々の掛け金や保障内容などから合った保険を探して加入しておくと万が一のときに安心です。

動物病院の診察・治療・入院費にかかる料金表はこれ!まとめ

抱っこされるダックス

今回は動物病院の診療・治療・入院費にかかる料金表を平均料金に沿ってご紹介しました。

 

以前の記事にもあるように、動物病院の料金設定は各病院ごとに自由に決めることができるので平均よりも高いところも安いところも存在します。

 

しかし、平均料金が分かっていれば備えもできますし、いつくるかわからない備えに対してはペット保険の利用もあるため、あとは信頼できる動物病院かどうかを見極めてお世話になるといいでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました