犬の病気で怖い悪性腫瘍(がん)はどんな病気?症状や治療法は?

スポンサーリンク

犬の病気で命を脅かすもののひとつに悪性腫瘍(がん)があります。

 

犬の悪性腫瘍(がん)は早期発見・早期治療で助かるものもありますが、病気の進行を遅らせながらQOL(クオリティオブライフ)の向上を目的にしてあげることしかできない腫瘍(がん)も少なくありません。

 

そこで、今回は犬の病気で怖い悪性腫瘍(がん)などんな病気なのか?そして症状や治療法についてお伝えします。

スポンサーリンク

犬の病気で命の危険がある悪性腫瘍(がん)はどんな病気?

犬のできもののところでお話ししましたが、腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があり悪性腫瘍と診断されたものをがんと呼びます。

 

そして、悪性腫瘍(がん)には早期発見・早期治療で完治する場合もあれば、完治は難しく症状の進行を遅らせ延命するしかできない場合もあるのです。

 

しかし、完治できる悪性腫瘍(がん)も進行を遅らせることしかできない悪性腫瘍(がん)も、発見が遅れればすぐ近くに最期の時が迫っているのは言うまでもありません。

 

では、なぜ犬の病気で悪性腫瘍(がん)は怖いと言われているのかというと、それは悪性腫瘍(がん)の性質に理由があるんです。

 

悪性腫瘍(がん)は細胞が異常増殖した結果できた細胞の塊なのですが、一度悪性腫瘍(がん)ができてしまうと周りの健康な組織や細胞をどんどん破壊してさらに成長を続けていきます。

 

そうして悪性腫瘍(がん)が成長を続ける一方で正常な組織や細胞の働きも弱っていくので、最終的には命の灯も奪われてしまうのです。

犬の病気で怖い悪性腫瘍(がん)の症状

犬の病気で怖い悪性腫瘍(がん)になってしまうと、悪性腫瘍(がん)は周りの組織や細胞を破壊しながら栄養を根こそぎ自分のものにしてしまうので、次のような症状がみられるようになってきます。

  • 元気消失
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 痛み
  • 腫れ

ここであげた症状はあくまでも一部ですが、悪性腫瘍(がん)を発症することでよく比較的よくみられる症状です。

 

また、悪性腫瘍(がん)ができた場所によっても症状の出方は変わってくるためいつもと違うと感じたら早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

犬の病気で怖い悪性腫瘍(がん)の治療法

もし腫瘍が悪性腫瘍(がん)であると診断された場合どのような治療をするのかはすごく気になるところですよね。

犬に悪性腫瘍(がん)が見つかった場合の治療法を大きくわけて3つです。

  • 化学療法…抗がん剤の使用
  • 外科療法…悪性腫瘍の切除
  • 放射線療法…外科療法では限界がある場合や周りの組織を傷つけたくない場合

どの方法で治療するかはガンの種類やできた場所、進行状況などで変わってきます。

 

しかし、同時に飼い主さんがどんな方向で治療を進めどんな生活を遅らせてあげたいかも大事なので、治療方針と治療方法を照らし合わせてしっかり話し合いましょう。

犬の病気で怖い悪性腫瘍(がん)はどんな病気?症状や治療法は?

犬の病気のなかでも悪性腫瘍(がん)は聞いた瞬間に大きなショックと絶望を覚える怖い病気ですよね。

 

しかし、早期発見と早期治療ができれば治る悪性腫瘍(がん)も医療の進歩のおかげで増えてきつつあります。

 

ですから、少しでもおかしいと感じたらできるだけ早く動物病院へ連れて行き、早期発見・早期治療で大切な犬の命を救えるようにしてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました