犬の目の病気にはどんなものがある?目の病気の原因・症状・治療法

スポンサーリンク

犬も人間と同じように白内障や緑内障など目の病気を患うことがあり、それは遺伝的なものであったり外的要因が原因となって起こることも…。

 

目は物を見るためにも重要な体の一部なので、できるだけ早く気付いて治療してあげたいですよね。

 

そこで、今回は犬の目の病気にはどんなものがあるのか?目の病気の原因・症状・治療法についてお教えします。

スポンサーリンク

犬の目の病気で多い白内障・緑内障・チェリーアイ

犬の目病気もいろいろありますが、特に多く見られる目の病気が白内障・緑内障・チェリーアイの3つです。

 

目の病気と一口に言ってもその種類や原因はさまざまで、症状と検査によってどういった目の病気なのかを診断します。

 

では、それぞれの目の病気について細かく見ていきましょう。

白内障の原因

白内障には若年性白内障と老齢性白内障の2種類があり、6歳以下で発症したものを若年性・6歳以上で発症したものを老齢性と区別します。

 

そして、白内障は人間と同じでほとんど老化とともに訪れるものですが、糖尿病や薬・遺伝性といったものでも発症することもあるため、目が白く濁っていたら一度動物病院で見てもらうといいでしょう。

白内障の症状

  • 水晶体が白く濁る
  • 視覚的反応が鈍くなる
  • 物にぶつかる
  • 視力を失う

最初は水晶体が少しずつ白くなり徐々にその白さは増していきます。

そうして症状が進行していくと視覚が衰えていき最終的に失明することがほとんどです。

白内障の治療法

  • 内科治療…目薬を使って進行を遅らせる治療です。
  • 外科治療…水晶体を摘出し新しく人工の水晶体となるレンズを入れます。(専用設備と技術が必要)

緑内障の原因

緑内障は眼圧が上がることで目に障害を起こし、最悪視力を失ってしまう病気です。

 

緑内障には原発性緑内障と続発性緑内障があり、原発性緑内障は生まれつき緑内障になりやすい目の作りをしているため起こります。

 

一方で続発性緑内障は白内障やブドウ膜炎など他の目の病気が発症の原因となることがほとんどです。

緑内障の症状

  • 目が緑色に見える
  • 目が押し出されているように大きくなる
  • 目を痛がる
  • 顔を触られるのを嫌がる
  • 壁にぶつかる
  • 階段の上り下りを嫌がる

緑内障の治療法

  • 内科治療…目薬で眼圧を下げ痛みをとります。
  • 外科治療…内科治療だけでは不十分な場合眼圧を下げる手術を行います。(専用設備と技術が必要)

チェリーアイの原因

チェリーアイは瞬膜が飛び出してしまいそれがサクランボのように見えることからチェリーアイと言われています。

 

そして、チェリーアイには生まれつき眼窩骨膜と瞬膜を結び付けている結合組織が弱いために生後6ヶ月~2歳で引き起こされる先天性のものと、目のケガや目の奥にできる腫瘍によって引き起こされる後天性のものがあります。

チェリーアイの症状

  • 目をこする
  • 目を細める
  • まぶしそうにする
  • 頻繁に瞬きをする

チェリーアイの治療法

  • 内科治療…点眼や内服薬で炎症を鎮めます。
  • 外科治療…飛び出した瞬膜を元の位置に戻すための手術です。

犬の目の病気にはどんなものがある?目の病気の原因・症状・治療法まとめ

犬の目の病気は数多くありますが、その中でも特に多く見られる白内障・緑内障・チェリーアイの3つについてご紹介しました。

 

いずれも目薬や内服薬を使って治療をしますが、それでもあまり良い結果にならない場合は手術を選択することもあります。

 

しかし、犬の目の病気の手術は獣医師の技量や動物病院の設備によってできる場合とできない場合があるので、必ずしも手術をするとは限りません。

 

ですが、少なくとも早期発見と早期治療によって進行を遅らせたり症状を回復させることはできるため、日ごろから観察して早めに動物病院へ連れていくようにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました