犬の病気で吐く原因は何!?吐いたときの対処法を解説

スポンサーリンク

犬は病気の時以外でもちょっとしたことが原因で吐くことはよくあります。

 

しかし、それでも吐けばびっくりしますし病気が原因で吐いている可能性もあるため、場合によっては早急に対処しなくてはなりません。

 

そこで、今回は犬が病気で吐く原因は何なのか?吐いたときの対処法について解説していきます。

スポンサーリンク

犬が病気で吐く原因はその場ではわからないことが多い

犬が病気で吐く原因はさまざまですが、病気だった場合大きく分けて次のような可能性があります。

  • 消化器系疾患
  • 感染症
  • 内蔵系疾患
  • 中毒
  • 熱中症
  • アレルギー

犬が吐いたときどれが原因で吐いているのかはその場ではわからないことが多く、原因を突き止めるためには嘔吐以外の症状もないか詳しく見なければなりません。

犬が病気で吐く原因を知るためのチェックポイント

では、犬が吐く以外で見るべきチェックポイントをお教えします。

  • 元気・食欲
  • 嘔吐物の内容
  • 吐く前の過ごし方(何か食べた可能性・生活環境など)
  • 排泄物の状態(下痢・血便・血尿など)

犬が吐いただけではいったいなぜ吐いているのかはすぐに特定することは難しいですが、これらのような吐く以外の症状にも目を向けることで原因を絞っていくことができます。

犬が病気で吐いたときの対処法

犬が吐いた後特にぐったりすることもなく元気に過ごしていたり、嘔吐の回数も短時間に何回も連続的に吐くといったことでなければ様子を見てもいいですが、そうでない場合はすぐに動物病院へ連れていきましょう。

 

また、ぐったりしていたり頻繁に嘔吐があったり下痢がひどいなど明らかな異常がある場合は、感染症の疑いもあるため安易に嘔吐物を触ってはいけません。

 

原因がわかるまではできるだけ嘔吐物はしっかり袋に包んで処分し、犬が吐いた場所はきちんと消毒をして最後に必ず石鹸で手を洗うようにしてください。

 

感染症でなくても当然そうした方法で衛生を保つことは大事ですが、感染症の場合はちょっとした油断が人にも危険を及ぼすため特に注意が必要です。

犬が空腹で吐く場合は空腹を満たしてあげる

犬が病気ではなく空腹で吐く場合は白い泡や黄色い胃液を吐きますが、病気ではないためぐったりしたり元気食欲がないといったことはありません。

 

しかし、空腹で吐いているならそのままにしていてもちょこちょこ泡や胃液を吐いてしまうので、そうしたときはドッグフードでお腹を満たしてあげましょう。

 

空腹で吐いている場合はお腹を満たしてあげると治まりますが、できればそうしたことにならないように1日の食事の回数を小分けにしてあげるようにすることをおすすめします。

犬の病気で吐く原因は何!?吐いたときの対処法を解説まとめ

犬が病気で吐く原因は幅広く、その場ですぐに何が原因なのかを判断することはとても難しいものがあります。

 

もちろん、空腹で吐いてしまったというような場合はわかりやすく心配することでもないのですが、そうではなく嘔吐以外の異常がある場合はすぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。

 

また、その際は犬が吐く以外にもどんな症状があるのかをしっかり観察し、動物病院についてから早い原因究明と処置ができるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました